企業スパイのスパイ活動とその防止策について

スパイと聞くとみなさんはどのようなイメージをもたれるでしょうか。スパイというのは映画の世界の話だと感じるかもしれません。自分の身近なものとは関係ないと思えます。しかし、実際には近年スパイによる様々な情報漏えいが発覚しています。いわゆる企業スパイ、産業スパイというものです。では、彼らの行う一般的な手口とはいったい何でしょうか。そしてどうすればそうしたスパイ行為を防ぐことができるのでしょうか。今日はその点について記したいと思います。
まず、最初に彼らが行う手口とはいったい何でしょうか。多いのは入社してから数年間そこで信用、信頼関係を築き、そして社会のサーバーにアクセスし、そこで機密情報、産業情報を盗み出すというものです。そのため、入社して数年経ってからスパイ行為を行います。情報を盗み出してからは退職し、姿を消します。
では、どうすればこうした手口を防ぐことができるのでしょうか。それは会社内にシステム部のような部署を作り、常に社内の機密情報、企業情報へアクセスが増えていないか、情報流出していないかをチェックする必要があります。アクセスが急増しているということは危険なサインですので、危険な兆候を発見した段階で対策を取る必要があります。