スパイカメラによる被害とは

スパイカメラというと、スパイ映画の主人公が使う便利道具というイメージが強いですが、これはフィクションの話で、現実世界でスパイカメラは他人のプライバシーを侵害する危険な道具になっている可能性があります。
スパイカメラの使われる場面として、例えば会社の機密情報が書かれた文書を撮影したり、パソコン画面の写真や動画を取るなど、産業スパイがスパイカメラを隠して会社に持ち込むことも考えられます。
スパイカメラは一般の人でも手に入れることができます。ネットショップでは、スパイカメラという名前を隠すことなく販売していたりして、誰でも購入できます。
購入ができて、簡単に操作できるスパイカメラにスパイ行為から、自分や家族、会社の情報を守るための方法について考えなくてはならなくなっています。

スパイウェアに騙されないようにするには

世の中には残念ながらスパイウェアのようなウイルスで、パソコンが被害を受けてしまうこともあります。そのようなスパイウェアに騙されないようにするには、どのような対策が必要となるのか見ていきましょう。
当たり前ですが、知らないアドレスからの迷惑メールはやみくもに開いたりダウンロードをしないようにしてください。
ダウンロードしてしまうとウイルス感染してしまうこともあるので、かなりの注意が必要です。
さらに、アダルトサイトなどに多いのですが、アダルトサイトを閲覧している際に変なサイトに飛ばされたり、よくわからない広告をクリックしてしまうこともあるでしょう。
そんなとき、パソコン上に警告画面が出たり、画面がフリーズしてしまうことも珍しくありません。
業者の手に引っかかってしまうと業者の思う壺なので、そこは落ち着いて対応するようにしてください。
最近ではウイルスバスターなどを入れている人も多いので、昔のように簡単にはウイルスに引っかからなくなりましたが、それでもまだまだスパイウェアはたくさんあるので、油断しているとウイルス感染してしまうこともあります。
そこで、あまりよくわからないURLやサイトを開いたりせず、ちょっと変だなと思ったらダウンロードせずにネットで情報がないか調べてみるのも良いでしょう。
同じようなスパイウェアの被害に遭った人の体験もあるでしょうから、しっかりと確かめておきましょう。

スパイの求人広告が存在する!?

スパイになりたい場合、どうすれば良いのでしょうか。スカウトなのか、それとも極秘のキャリアアップがあるのか、一般の人には、その方法がわからないのではないでしょうか。
もちろん、一般人が知りえない方法でスパイになる方法はあると思いますが、同時に一般の人に向けての求人があるのです。
例えば、映画007シリーズでおなじみの秘密情報部(M16)ではスパイの採用ページがあり、募集内容をクリアすればチャンスがあります。最低条件としてイギリス国籍を持っている必要がありますが、もっとも大きなハードルはこの国籍くらいです。
また、映画やドラマでおなじみのCIAも一般公募しています。これはスパイの公募とは謳っていませんが、合格すればスパイへのキャリアが開けるでしょう。ただし、これもアメリカ国籍を持っている人が対象なので、国籍を取得する必要があります。
上記したスパイの公募にはそれぞれテストがありますが、それは努力の範囲でクリアが可能なものになっています。やはり、一番大きなハードルは2つに共通して言える国籍の取得です。
もし、海外でスパイになりたいのだとしたら、まずはその国での国籍の取得を目指すのが第一歩だと言えます。最も単純な国籍の取得方法とはその国で結婚をすることです。
スパイにどうしてもなりたい、と思っている人はご参考になさってください。

スパイ天国日本っ!

スパイというと007(ジェームズ・ボンド)を思い浮かべる方が多いと思うのですが、実際にはあれほど華やかではないにしろ、やっている事は基本的にあの様な事だそうで実際にはもっとエグい事もしているそうです。
日本はスパイ防止法が無いのでスパイにとっては天国の様な国で、スパイだらけだそうです。
スパイとはCIA(アメリカ)やMI6(イギリス)のエージエント、工作員のことであり、基本的には情報収集、その他をする人達の事を言います。
スリーパーと呼ばれるエージェントもおり、それまでは普通にその国の国民として長年暮らしていますが、いざ命令が下るとスパイとして活動を始めるという工作員であり、もしかしたらあなたの隣人がスリーパーエージェントかもしれませんし、可能性はゼロではありません。
私たち一般人が暮らしている隣の家、もしかしたらスパイのセイフハウスかもしれません。
セイフハウスとはスパイの一拠点であり、普通の1軒屋やマンション、アパートの1室をアジトにしていることも多く”完全に安全な家”すなわちセイフハウスと言うのです。
スイープ(掃除)という作業を定期的に行い盗聴器や小型カメラなどの除去を行うので盗聴、盗撮される心配はない安全なアジトなのです。